ハーレクインかれこれ18年

もう嵌り続けて18年・・・。いっそ埋もれてしまいたい。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

魅惑の仮面舞踏会 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ミス・茶ねずみ―フィリーの憧れのボス、ダミアーノは、不格好な彼女をそう呼び、哀れむような目を向けるだけだった。だが、そんな彼女に、夢のような出来事が訪れた。会社主催の仮面舞踏会でクレオパトラに扮すると、あろうことか、ダミアーノが近づいてきたのだ。彼は絶世の美女を崇めるように見つめ、フィリーをパーティ会場の奥の部屋へと誘った。どうしよう。仮面をはずしたらわたしだとわかってしまう。フィリーは仮面をつけて正体を隠したまま、彼が約束する楽園へと飛び立った。

内容(「MARC」データベースより)
ミス・茶ねずみ-。フィリーの憧れのボス、ダミアーノは、不恰好な彼女をそう呼び、哀れむような目を向けるだけだった。だが、会社主催の仮面舞踏会でクレオパトラに扮すると、あろうことか、ダミアーノが近づいてきたのだ。

いくつものジェラシー (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
九年前アントニアは、ワイオミングの故郷の町で、大学進学と、恋人パウエルとの結婚を控え、希望に満ちた日々を送っていた。そのさなか、父の友人を愛人にしているという噂を立てられる。噂を信じたパウエルは、挙式前日に婚約を破棄したうえ、噂を流した彼女の親友と結婚してしまった。傷心のアントニアは故郷を逃げ出し、いまは、アリゾナで教師をしている。二度と帰るつもりはなかった、医師から不治の病にかかっていると宣告されるまでは。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
パーマー,ダイアナ
ロマンス小説の世界で、今もっとも売れている作家。ニューヨークタイムズをはじめ、各紙のベストセラーリストにたびたび登場する。米ジョージア州在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

シチリアで散る愛 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マクシモスに捨てられてから半年がたつというのに、カサンドラはいまだ抜け殻のような生活を送っていた。体だけの関係ではなく愛が欲しいと彼女が求めたとたん、背を向けて去っていったマクシモス。切ないほど彼を求めてしまう気持ちは、いつになったら消えるのだろう。そんなある日、彼の仇敵であるエミリオが現れ、マクシモスの妹の結婚式に、恋人同士を装って出席しようと言ってきた。カサンドラはさんざん悩んだすえ、マクシモスに会う唯一の手段であるその誘いに乗った。最後にもう一度彼に会い、思いを断ち切るために。

内容(「MARC」データベースより)
マクシモスに捨てられ半年たっても、カサンドラは抜け殻のような生活を送っていた。そんなある日、彼の仇敵エミリオが現れる。マクシモスにもう一度会って思いを断ち切るために、エミリオの誘いに乗るカサンドラだが…。

ハーレムの花嫁 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
地中海を渡る途中、エレナの乗った船が海賊に襲われた。父を失い、弟と生き別れて、彼女はオスマン帝国のハーレムへ売り飛ばされた。ハーレムの主スレイマンは、イングランド貴族を母に持つ男。異教徒など野蛮だと思っていたエレナから見ても、彼は知的で洗練された美丈夫だった。しかし、国へ帰してくれと必死にすがるエレナに、スレイマンは非情にもこう言い放った。「決してここからは出られない。おまえは私のものだ」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ヘリス,アン
美容師として働くうちに生来の想像力が鍛えられ、小説執筆の道に開眼したという。イギリスのハーレクイン社から最初の作品を出したのは1981年。以来、約30作のヒストリカル・ロマンスを刊行している。イギリス摂政時代の社交界、中世の古城、オスマン帝国のハーレムと、さまざまな舞台を背景に描く実力派。英ケンブリッジ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

うわべだけの結婚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
妹夫婦が事故で死んだ事実を受け入れられないまま、キャサリンはひとり、病院の待合室にたたずんでいた。そのとき、リコ・マンチーニが現れ、彼女は動揺した。リコに会うのは、妹夫婦の結婚式以来だ。あの日、妹の夫の兄であるリコに熱いまなざしで見つめられ、男性に慣れていないキャサリンは舞い上がってしまった。だがその数時間後、リコは態度を一変し、彼女をはねつけたのだ。リコは赤の他人に接するかのように、妹夫婦とその遺児リリーについて説明するようキャサリンに求めた。そしてさらに、信じがたい提案を持ちかけた。

内容(「MARC」データベースより)
妹夫婦が事故で死んだ事実を受け入れられないまま、キャサリンはひとり、病院の待合室にたたずんでいた。そのとき、妹の夫の兄であるリコが現れ、彼女は動揺した。彼に会うのは、妹夫婦の結婚式以来だ。あの日…。

運命があるのなら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アリスは疲れ果てていた。原因は目の前の男性にある。今夜はボスとその弟ルカと、三人で会うはずだったのに、なぜかルカと二人きりで食事をすることになってしまった。地位も名声も手にした魅力的な男性と、二人で食事―ほとんどの女性はこの状況に歓喜するだろうが、アリスは違った。ルカとの会話はいつも緊張感に満ち、神経がすり減ってしまうのだ。しかもルカは兄とアリスの仲を疑っているらしく、辛辣な言葉をぶつけてくるのだからたまらない。アリスが会話に嫌気が差したとき、不意にルカが言った。「きみが結ばれるのは兄貴ではなく、ぼくだよ」。

内容(「MARC」データベースより)
地位も名声もある魅力的な男性と、2人で食事。だが、アリスは疲れ果てていた。その男性ルカとの会話はいつも緊張感に満ち、神経がすり減るからだ。しかし、その席で彼は不意に言った。「きみが結ばれるのは、ぼくだよ」

恋はオフィスで―隠された甘い果実・不機嫌な秘書 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『隠された甘い果実』―「今夜のパーティには、だれと一緒に行くつもりだい?」上司のジェームズがからかうように尋ねたので、ルーシーは腹が立った。分別くさい秘書に恋人などいるわけがないと思っているのだ。ルーシーはジェームズを見返したくて、罪深いほどハンサムな親友を同伴してパーティに出席した。それを目にしたジェームズは、ルーシーへの独占欲を燃え上がらせる。『不機嫌な秘書』―父親の頼みで、アシュリンは大企業ハミルトン社の役員を務めるはめになった。ところが、初めての役員会でとんでもない醜態をさらし、若き会長カーター・ハミルトンから辛辣な言葉を浴びせられてしまう。反感をつのらせるアシュリンに、ある日突然カーターから電話があった。有能な秘書がけがのために数週間会社を休むことになったから、できるだけ早く出社して助けてほしいというのだ。

内容(「MARC」データベースより)
「今夜のパーティには、だれと一緒に行くつもりだい?」 上司のジェームズがからかうように尋ねたので、ルーシーは腹が立った…。2001年刊「隠された甘い果実」と1998年刊「不機嫌な秘書」の合本。

エマと伯爵 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
十年前、富豪の一人娘エミリアはドミニクに恋をした。太っていて不器量なエミリアに、彼はとても優しくしてくれた。だが、ドミニクに求婚されたとき、彼女は断った。財産目当てと知ったからだ。その後エミリアの父が破産して自殺、彼女の人生は一変した。今は痩せて、見違えるほどの美しい女性に生まれ変わり、エマという名で家庭教師をしながら暮らしている。そして今度の雇い主は…伯爵となったドミニク!変貌したわたしを見て、彼は過去を思い出すだろうか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マーシャル,ポーラ
イングランド中部レスターに生まれ、古都ノッティンガムで育つ。勤め先の資料図書館で同じ司書の男性と出会い、結婚。三人目の子が学校に入ったのを機に英語の臨時講師として働き始めるが、その後再び大学で歴史を学んだ。これが歴史小説の執筆に大いに役立っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

完全なる結婚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エンリコが交通事故で意識不明ですって?ジャンナは真夜中の電話を受けると、すぐさま病院に駆けつけた。十五歳のころから愛し続けてきた彼は、スーパーモデルと婚約してしまったけれど、この思いは変わらない。ジャンナは病院に泊まり込み、不眠不休で付き添った。必死の祈りが通じたのか、エンリコは五日目に意識を取り戻した。ほとんど見舞いに訪れない婚約者の代わりに、ジャンナは心をこめて看病を続けたが、彼の一言に衝撃を受ける。「ぼくの婚約者が見舞いに来る邪魔をしないでくれ」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モンロー,ルーシー
アメリカ、オレゴン州出身。姉の影響でハーレクインのロマンス小説を読み始めた。大学在学中に“生涯でいちばんすてきな男性”と知り合って結婚し、子供が生まれてからは母親としての道を選んだ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

秘密 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
「何できみと結婚しなければならないんだ?」これがルークの答えだった。「きみには、ぼくの妻にふさわしい家柄も教養もない」キャサリンの頬から血の気が引いた。父も母もなく孤児院で育ったキャサリンは、愛に飢えていた。著名な大実業家のルークに恋した十八のとき、何も求めず、ひたすら愛を捧げた。だが、彼女に与えられたのは、愛人という名前だった。豪華な住まい、贅沢な暮らし…そこにあるのは不安だけ。そして今、キャサリンは決断を迫られていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド出身。7月30日生まれ。ロマンス作家の中でトップクラスの人気を誇る。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで、スリランカからの養子を含めた五人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

鶯谷・うぐいすだに> <アキバ中毒のページ> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <ハロー!江東区!> <東京ぶらぶら> <墨田区紀行> <電子たばこ> <高収入バイト情報> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <台東クラブ> <美容外科> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

ooo文の京!文京区!ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo 千葉文化ぶんか!ooo 伊豆諸島を巡ってみよう!江戸川区!ooo フード、ドリンク.コレクションooo 千葉のちょっといい景色ooo 100均より安いooo 千葉県の天然記念物一覧ooo 性病検査キットooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo パチスロ必勝!in千葉市ooo オーガニック千葉A GO GO!ooo 千葉とんかつooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo AV機器ooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo ジムジムフィットネス@千葉市ooo 台東紀行ooo 千葉県の民俗・風俗ooo レジャー、アウトドア.コレクションooo